格安SIMカードでスマホが劇的に安くなる

格安SIMカードでスマホが劇的に安くなる

格安スマホならUQ mobile

格安スマホ

多くの格安スマホが出てきました。
UQ、イオン、Y!mobileがよく見ますが、ほかにもたくさんあります。

 

イオンのスマホはどうやって電話ができるのと思っている方。ホント分かりにくいですよね。

 

でも、格安スマホ、MVNO、SIMフリーの3つの言葉さえ知っていれば大丈夫です。

 

格安スマホとは

 

ドコモの回線を借りてスマホを販売しているのは、イオンモバイル。

 

auの回線を使用してスマホを販売しているのは、UQ。

 

自社の回線とソフトバンクの回線を使用してスマホを販売しているのは、Y!mobileです。

 

このほかにもBIGLOBEやSo-netや多くの通信回線を持たない事業者がスマホを販売していますが、ほとんどの事業者はドコモの回線を借りて通信事業を行なっています。

 

これらのスマホは、ドコモなどよりずっと月額料金が安いのが特徴です。

 

MVNOとは

 

このように、自らは通信回線を持たずに、ドコモなどから通信回線を借りて通信事業を行っている事業者をMVNOといいます。

 

ドコモ、au、ソフトバンクのような通信事業者のことをMNOといいます。

 

UQは、auというブランドで通信事業を行っているKDDIの子会社なので、MNOと言えますし、Y!mobileも自社回線を持ち、ソフトバンクの系列会社なのでMNOと言えます。

 

一覧はこちらです⇒ MVNO事業者

 

SIMフリーとは

 

どのスマホにもSIMカードという小さなICチップが入っています。SIMカードは、そのカードの中に記録された通信事業者の基地局に接続しようとする役目を持っています。

 

ドコモのスマホなら、電源を入れると自動的にドコモの回線につながるようになっています。これをSIMがロックされていると言います。

 

SIMロックを解除すると、入れたSIMカードに登録されている回線をつなぎに行きます。

 

このプログラムを解除することで、ドコモ以外の通信事業者のSIMカードでも使えるようになるのです。

 

SIMロックが解除されたスマホのことをSIMフリースマホと言います。

 

SIMフリーになったスマホに、好きな通信事業者のSIMカードを入れることで、格安の通信ができるようになります。

 

ただし、ドコモのスマホをSIMロック解除してauのSIMを入れても使えません。auのスマホにドコモのSIMを入れても使えません。電波形式や周波数が違うからです。

 

 

※2015年から販売されるスマホは、ユーザーの要望によってSIMロック解除できることになりました。これに伴って、月額600円とかいう格安SIMを買ってスマホを安く使うことができるようになります。

 

使い方は三通りあります。

 

1 SIMロック解除しないで同じキャリアの格安SIMカードを入れる

 

2 SIMロック解除して、他のキャリアのSIMカードを入れる

 

3 格安スマホ+SIMカードを買う

 

※ 次に、手順を書きますが、契約の前に希望するSIMカードが使いたいスマホで使えるのか、必ずご確認ください。

 

SIMロック解除しないで格安SIMカードを入れる手順

これが国内では一般的です。

 

・まず、今お使いのスマホを解約します。

 

・同じ電話番号を使いたいときは、解約にあわせてMNP予約番号を発行してもらいます。

 

・ドコモで買ったスマホならドコモ系の、auで買ったスマホならau系のMVNO会社を選んでSIMカードを契約し、MNP予約番号で同じ電話番号に設定してもらいます。

 

・SIMカードをスマホに差してアクセスポイントにつなぎ、SIMカードを登録します。

 

・これでスマホが使えるようになります。

 

SIMロック解除して、他のキャリアのSIMカードを入れる手順

国内では、今のところキャリア相互の互換性がないのでほぼ不可能です。外国で、現地の格安SIMを使うときにはいいと思います。

 

・まずお使いのスマホを解約します。

 

・2015年4月以降のスマホならSIMロック解除してもらいます。

 

・あわせて、同じ電話番号を使いたいときは、MNP予約番号を発行してもらいます。

 

・3G回線はドコモ系とau系の互換性がないので、SIMロック解除したとしてもこれらは使えません。

 

 使うとすれば国内ではY!mobileのSIMカードが使えそうですが、ソフトバンク系列の基地局は企業合併で複数のタイプがあるため、本当に使えるかどうか分かりません。

 

・新たなSIMカードを差してアクセスポイントにつなぎ、SIMカードを登録します。

 

・これでスマホが使えるようになります。

 

格安スマホ+SIMカードを買う方法

今後はこちらが主流になると思います。

 

・今お使いのスマホの電話番号を使いたい場合は、解約してMNP予約番号をもらいます。電話番号を引き継がない場合は解約するだけです。

 

・お好きなMVNO会社のスマホと通話SIMを契約し、電話番号を引き継ぐときはMNP予約番号でセットしてもらいます。

 

・アクセスポイントに接続してSIMカードを登録します。

 

・これでスマホが使えるようになります。

 

 

参考までに、WiMAXはデーター通信専用なのでスマホに使えるSIMカードはありません。また、ソフトバンクは回線の使用料が高額らしく、MVNO事業者は今のところいません。

 

 

格安SIM・格安スマホの事業者として、次の事業者をご紹介します。

☆☆☆ UQ mobile

公式サイトはこちらから

KDDI(au)系のMNO
データ通信・2GBでなんと980円。
おトクなご契約プランばかり。

⇒ UQ mobileはこちらから

 

Y!mobile

Y!mobile公式サイトはこちら

Y!mobile
・iPhone
・スマホ・タブレット
・ポケットWiFi
ワイモバイルは独自回線を持っているキャリアです。
スマホ用SIMカード単体では、2GB、6GB、14GBのプランがあります。
通話は10分以内の通話なら月300回まで無料です。

⇒ Y!mobile公式サイトはこちら

 

  スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ通信料 月2GB 月6GB 月14GB
基本使用料 1年間1,980円
2年目2,980円
1年間2,980円
2年目3,980円
1年間4,980円
2年目5,980円

 

☆☆☆ イオンモバイル

公式サイトはこちらから

ドコモの回線を使用
期間の縛りなし。いつでも解約可能
解約時の違約金なし
月額480円から

⇒ イオンモバイルはこちらから

 

BIGLOBE

BIBLOBE公式サイトはこちら

BIGLOBEのプランは
・スマホ・タブレット
・SIMカード
・LTEルーター
・WiMAXの各コースがあります。
iPhone他、ドコモ端末やSIMフリー端末なら、SIMを差し替えて通信料金を抑えられます。
1GB・3GB・6GB・12GBのプランがあります。
音声通話量は20円/30秒(税別)

⇒ BIBLOBE公式サイトはこちら

内訳 3GB 6GB 12GB
データ通信容量 3GB/月 6GB/月 12GB/月
BIGLOBE WiFi 有料 1ライセンス無料 1ライセンス無料
通信速度 受信375Mbps
送信50Mbps
受信375Mbps
送信50Mbps
受信375Mbps
送信50Mbps
利用可能エリア
ドコモのエリア
Xiエリア+FOMAエリア
(LTE+3Gエリア)
Xiエリア+FOMAエリア
(LTE+3Gエリア)
Xiエリア+FOMAエリア
(LTE+3Gエリア)
料金 1,600円/月 2,150円/月 3,400円/月

 

楽天モバイル

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルのプランは
・スマホ・タブレット
・SIMカード
・ルーターの各コースがあります。
au、ソフトバンクモバイルのiPhone 6Sを利用するにはSIMロック解除が必要です。
NTTドコモ端末の場合、SIMロック解除手続きなくご利用が可能です。
・スマホも通信料も通話料もこみこみのプランがおすすめです。通話5分以内何度でも。
・SIMは、3.1GB・5GB・10GBのプランがあります。

⇒ 楽天モバイルはこちら

内訳 3.1GB 5GB 10GB
データSIM(SMSなし) 900円 1,450円 2,260円
データSIM(SMSあり) 1,020円 1,570円 2,380円
通話SIM 1,600円 2,150円 2,960円
通信速度 下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps

 

☆☆☆ mineo

公式サイトはこちらから

auばかりではなくドコモ系にも対応
マルチキャリア対応となったmineo(マイネオ)
最低利用期間という言い方はないが、MNP転出手数料は、利用開始翌月から12カ月以内は11,500円、13カ月目以降は2,000円

⇒ mineoはこちらから

 

注意点は

 

注意することは、ドコモのスマホにはドコモ系の通信事業者(MVNO)のSIMを使うこと。auのスマホには、au系の事業者のSIMを使うことです。ソフトバンクがないのは、ソフトバンク系の事業者がまだいないからです。

 

なお、iPhoneはこちらをご覧ください⇒iPhoneの対応表

 

インフラを持たない通信事業者(MVNO)では、キャリアの回線を借りて、ユーザーに安く提供しています。格安SIMカードは、月額600円前後からあり、SIMフリースマホも最安は1万円台から販売しています。

 

ドコモやauのスマホに比べると、SIMフリースマホはカメラの画素が小さめだったりメモリーの容量が小さかったり、機能的にやや劣ったりしていましたが、今は高性能なモデルもあり、普通に使う分には特に問題はありません。

 

人気のソニーのXperiaを扱っているところもあります。

 

スマホ代が安くなる

 

安くなります。
今までドコモやauやソフトバンクのスマホを月7,000円前後で使っていたとすると、格安SIMを使うことで月額600円前後からスマホが使用できます。

 

でも電話は高い

 

電話も使うときは通話SIMを使います。
月額1,000円前後からあります。
ただし、電話代は別途1分40円が必要です。

 

そしてMNPといって、今まで使ってきた電話番号はそのままで使えます。

 

カケホーダイ的な契約は今のところありません。
唯一、Y!mobileの契約なら、10分以内の電話を月に300回まで無料でかけることができます。

 

電話をよくかける人なら、キャリアのスマホでカケホーダイがいいでしょう。SkypeやLINE通話もありますが、相手がSkypeやLINE以外の固定電話や携帯電話への発信は有料です。

 

データだけなら断然お得

 

通話しないのなら、通話SIMではなくデータSIMを使います。月1GB使えるSIMは、月600円前後からありますし、月15GBでも3,000円以下です。毎月の料金が600円ぐらいから高くても3,000円前後で使えるようになるのです。

 

SIMフリーの最大のメリットは、毎月の料金が格安になることです。電波は、今のところほとんどのSIMはドコモのシステムを借りていますので、ドコモのスマホを使用するのと同じで安定しています。

 

あと、ドコモなどで使っていたメールアドレスは使えなくなります。
これも、GoogleやYahooメールなどで代用できますし、今はアプリを使えばメールが届くと着信音が鳴るようにできるので、アドレスが使えなくなること以外は不便ではありません。

 

お分かりいただけましたか。
スマホの毎月の使用料が高すぎると思う方は、格安SIMカードをぜひおすすめします。

 

対応機種さえ間違わなければ、SIMカードの差し替えだけで使用できます。
多くの場合、面倒なSIMロック解除をする必要もありません。

 

詳しいことはこれからどんどん書いていきますので、毎月の料金が安くなるということは覚えておいてくださいね。

 

実は、ドコモ系とかau系とか言っても、キャリアのスピードは速いですが、MVNO会社のSIMは実際のスピードは速くないことが多いです。

 

特に多くの方がネットを見ようとするお昼の12時から1時までは、MVNOのSIMは遅いです。

 

そっとお教えすると、Y!mobile、UQ mobileはMVNOではなくキャリアなので、混雑時間でも快適です。